知識

香水とは – 香水の起源・種類 –

owner

香水の起源は?

香水の起源は古代エジプトに遡ります。古代エジプトでは、香水は宗教的な儀式や葬儀に使用され、身体を身につけることで霊的な清浄さを保つために使用されました。

また、香水は貴族や貴婦人たちによっても使用され、美容や健康のために使用されました。古代ギリシャやローマでも香水は広く使用され、香水製造技術は発展しました。

今日では、香水は日常生活の一部として使用され、人々にとって香りは様々な意味を持ちます。

香水の種類は?

香水には様々な種類があります。主に以下の4つの種類があります。

1.パルファム(Perfume): 香りが長持ちし、高級な香水のことです。パルファムは、香り成分が最も高いため、数滴で十分な香りが放ちます。

2.エドトープ(Eau de Toilette): 香りが持続性が若干弱いが、軽い香りが特徴的です。普段の使用に適しています。

3.エド・プルミエール(Eau de Parfum): 香りが持続性が若干弱いが、軽い香りが特徴的です。普段の使用に適しています。

4.コロニアル(Cologne): 香りが持続性が弱いが、軽い香りが特徴的で、男性によく使用されます。

他にも、香水の中にはトゥルーフレグランス、香水水、香水ジェルなどがあります。香りの好みや使用用途によって選ぶことができます。

パルファム(Perfume)とは

パルファム (Perfume) は、香水の中で最も高品質なものの一つで、香りが長持ちし、高級な香水のことを指します。

パルファムは、香り成分が最も高いため、数滴で十分な香りが放ちます。パルファムは、身体に直接塗布することができますが、布に塗ってから身体に触れさせることもできます。

パルファムは、香りが長持ちするため、特別な場面やイベントで使用することが多いです。また、高級な香水ブランドが多く、高級感があります。

エドトープ (Eau de Toilette) とは

エドトープ (Eau de Toilette) は、香水の中で次に高品質なものの一つで、香りが持続性が若干弱いが、軽い香りが特徴的です。

エドトープは、身体に直接塗布することができますが、布に塗ってから身体に触れさせることもできます。

エドトープは、普段の使用に適しており、香りが持続性が弱いため、毎日の使用に適しています。

また、エドトープは比較的安価で購入することができ、幅広い年齢層に使用されています。

エド・プルミエール (Eau de Parfum)

エド・プルミエール (Eau de Parfum) は、香水の中で香りが持続性が強いものの一つで、香り成分の割合が高いため、パルファムに次ぐ香りの持続性を持ちます。

エド・プルミエールは、身体に直接塗布することができますが、布に塗ってから身体に触れさせることもできます。

エド・プルミエールは、特別な場面やイベントで使用することが多く、高級な香水ブランドが多いです。

また、香りが持続性が強いため、香りが持続することで、使用者に自分自身の香りを楽しんでもらうことができます。

コロニアル (Cologne) とは

コロニアル (Cologne) は、香水の中で香りが持続性が弱いものの一つで、軽い香りが特徴的で、男性によく使用されます。

コロニアルは、身体に直接塗布することができますが、布に塗ってから身体に触れさせることもできます。

コロニアルは、軽い香りが特徴的であるため、毎日の使用に適しています。

また、コロニアルは、男性によく使用されるため、男性用の香りが多く、さわやかな香りが特徴です。

香水は美容にも良いと聞くけど本当??

香水は、美容にも良いとされています。

香水には、香り成分が含まれており、これらの香り成分は、心理的にも身体的にも良い影響を与えることができます。

香りは、ストレスを軽減し、リラックス効果を与えることができます。また、香りは、身体をリフレッシュさせ、疲れを軽減することができます。

香水には、保湿成分や、抗酸化成分が含まれることもあり、肌にも良い影響を与えることができます。

しかしながら、香水はアレルゲンの元なので肌質によってはアレルギー反応を起こすこともあるので、使用前には必ずアレルギーテストを行った上で使用することをお勧めします。

香水は健康にも良いの??

香水は、健康にも良いとされています。

香水に含まれる香り成分は、嗅覚を刺激し、心理的な影響を与えることができます。

香りは、ストレスを軽減し、リラックス効果を与えることができます。

また、香りは、身体をリフレッシュさせ、疲れを軽減することができます。

香水には、アロマテラピーと呼ばれる、香りを利用した治療法もあります。

アロマテラピーは、香りを利用して、心理的な不調や身体の症状を改善することを目的としています。

アロマオイルを使用したアロママッサージや、香りを利用したリラックス効果のあるアロマバスなどがあります。

香水の匂いを長持ちさせるための方法は??

香水の匂いを長持ちさせるためには、以下のような方法があります。

1.香水を塗る前に、肌を乾燥させないように保湿をする。乾燥した肌は香水の香りを吸収しやすく、香りが長持ちしない。

2.香水を塗る部位を選ぶ。首元や耳元、手首、脇など、血行の良い部位に塗ることで、香りが長持ちする。

3.香水を塗った後に、同じ香りのローションやローションジェルを塗る。これにより、香りが長持ちする。

4.香水を塗る時間を選ぶ。朝、香水を塗ると、1日中香りが漂う。

5.香水を冷蔵庫に保存する。冷蔵庫に保存することで、香水の香りが長持ちする。

これらの方法を試すことで、香水の匂いを長持ちさせることができます。

ただし、香水は各々異なる香りや香りの持続性を持っているため、どの方法が効果的かは香水によって異なります。

試行錯誤して、自分に合った方法を見つけることが大切です。

さいごに

欧米の方は香水への馴染みが深く、幼い頃から毎日自分の好みの香水を身に纏う文化がありますが、日本ではどうしても一般に広く浸透しているとは言いづらい状況です。

香水を嗜む方ならよくご存知かとは思いますが、香水がある日々は、オンとオフのスイッチの切り替えの役割や、リラックスしたい時の癒やしのきっかけになるなど、生活を少し豊かにする力があります。

今この記事を読んでいる方の中で香水をつけたことが無いという方がもしいらっしゃいましたら、先ずは自分の好みだと思う香りをまとってみてください。

きっと香水の魅力に気づいていただけると思います。

記事更新の励みになりますので
X(Twitter)へのポストをお願いします!
おすすめ香水
「SENSO del MARE」BAREFOOT ON THE BEACH

50ml / ¥11,000(税込)

BAREFOOT ON THE BEACHは、早朝の裸足でビーチを歩く瞬間を捉えた香水です。

瀬戸内海の美しさを表現したこのフレグランスは、レモンやマンダリンのトップノートから始まり、オレンジブロッサムやジャスミンのミドルノートへと移り、バニラとムスクのベースノートで幻想的な夕暮れを演出します。性別を問わずに愛用できるこのユニークな香りは、日常を特別なものに変える魅力を持っています。オードパルファムとして、長い持続性を持ち、春から冬まで、どんなシーンでも使えるフレグランスです。

ABOUT ME
香り研究所編集部
香り研究所編集部
編集長
香り研究所では「人生を『よい香り』で彩る」をパーパスとし、記事をご覧いただく方がいつも素敵な香りに包まれる幸せな人生を歩むためのお手伝いをします。
古代エジプトの時代から人々がこだわり、磨き上げてきた「香り」を現代でも大切にするために、より良い情報をお届けしてまいりますので、お時間の許す限り「よい香り」との良い出会いの時間をお楽しみください。
よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました