知識

香水の”持続時間”は香料の濃度の違い【好みの香りが長持ちする種類について解説します】

owner

香水を選ぶ際、その香りの持続時間は非常に重要な要素です。香水は香料の濃度によって様々な種類に分類され、それぞれに特有の持続時間があります。

本記事では、オーデコロンからパルファムまでの香水の種類別の特徴と持続時間に焦点を当て、香りを最大限に引き出すための付け方についても触れていきます。

これにより、香水の選択と使用方法における読者の理解を深め、ご覧になる皆さんの好感度アップにつながる情報を提供します。

香水の種類と持続時間

香水は主に、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンの4種類に大別されます。これらは香料の濃度によって区別され、濃度が高いほど香りの持続時間が長くなります。

オーデコロン (Eau de Cologne)

  • 持続時間: 約2~3時間
  • 香料濃度: 約2%~4%
  • 特徴: オーデコロンは香料濃度が最も低く、さわやかで軽い香りが特徴です。日常的に気軽に使えるため、朝のリフレッシュや暑い季節に適しています。

オードトワレ (Eau de Toilette)

  • 持続時間: 約3~5時間
  • 香料濃度: 約5%~15%
  • 特徴: オードトワレはオーデコロンよりも濃度が高く、バランスの取れた香りが長く楽しめます。日常使いからカジュアルな出かけ先まで、幅広いシーンにマッチします。

オードパルファム (Eau de Parfum)

  • 持続時間: 約4~8時間
  • 香料濃度: 約15%~20%
  • 特徴: オードパルファムはより濃厚で深みのある香りが特徴で、持続時間も長いです。日中から夜まで、特別な場面での使用に最適です。

パルファム (Parfum)

  • 持続時間: 約6~24時間
  • 香料濃度: 約20%~30%
  • 特徴: パルファムは全香水中で最も香料濃度が高く、持続時間も最長です。濃厚で豊かな香りが長時間続き、特別なイベントや大切なデートなど、特別感を演出したい時に適しています。

香りを長持ちさせる付け方

  1. 肌に直接付ける: 清潔な肌に直接香水を付けることで、香りがより長持ちします。脈打つ部位(手首、首筋、耳の後ろ)は特におすすめです。
  2. 保湿を先に行う: 保湿された肌は香りを長く保持します。香水を付ける前に、無香料のローションやオイルで肌を保湿しましょう。
  3. 香水を重ねて付けない: 異なる香水を重ねてしまうと、香りが混ざり合って本来の香りが損なわれる可能性があります。一つの香りを楽しむことに集中しましょう。
  4. 衣服に付ける場合の注意: 直接肌に付けられない場合は、衣服に軽くスプレーすることも可能ですが、香りが変わることがあるため注意が必要です。また、シルクやデリケートな素材にはシミになる恐れがあるので避けましょう。

まとめ

香水の持続時間は、選ぶ種類によって大きく異なります。自分の好みの香り、使用シーン、求める持続時間を考慮して、最適な香水を選びましょう。

そして、適切な付け方を心がけることで、香りを最大限に楽しむことができます。この情報が、読者の皆様の香水選びと香水を付ける時に役立つことを願っています。

記事更新の励みになりますので
X(Twitter)へのポストをお願いします!
おすすめ香水
「SENSO del MARE」BAREFOOT ON THE BEACH

50ml / ¥11,000(税込)

BAREFOOT ON THE BEACHは、早朝の裸足でビーチを歩く瞬間を捉えた香水です。

瀬戸内海の美しさを表現したこのフレグランスは、レモンやマンダリンのトップノートから始まり、オレンジブロッサムやジャスミンのミドルノートへと移り、バニラとムスクのベースノートで幻想的な夕暮れを演出します。性別を問わずに愛用できるこのユニークな香りは、日常を特別なものに変える魅力を持っています。オードパルファムとして、長い持続性を持ち、春から冬まで、どんなシーンでも使えるフレグランスです。

ABOUT ME
香り研究所編集部
香り研究所編集部
編集長
香り研究所では「人生を『よい香り』で彩る」をパーパスとし、記事をご覧いただく方がいつも素敵な香りに包まれる幸せな人生を歩むためのお手伝いをします。
古代エジプトの時代から人々がこだわり、磨き上げてきた「香り」を現代でも大切にするために、より良い情報をお届けしてまいりますので、お時間の許す限り「よい香り」との良い出会いの時間をお楽しみください。
よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました